セルジュさんは手際よく支度を済ませると、
椅子に腰掛けて、鍵盤の上に手を添えた。

そして──

【エマ】
(あ……)

セルジュさんが奏でるピアノから
優しい音色が紡がれていく。

雨を忘れさせるような穏やかな演奏に、
思わず聴き入った。

それは子どもたちも例外ではなく、
彼らも静かに耳を傾けている。

不安げな声は、もう聞こえなかった。

【エマ】
(とても綺麗な演奏……)

【エマ】
(ピアノのタッチが優しくて……
セルジュさんのイメージと違うかも)